ヘルプ

琥珀の蜂 Amber Hornet

写真: 琥珀の蜂 Amber Hornet

写真: 琥珀の間~ポーランド Amber Lamp 写真: ツァレヴェッツの丘~ブルガリア View of Tsarevets Fortress 【春分の頃迄お休みします】

ポーランドのクラクフ、ポーランド名産の琥珀製の蜂。2016/6/24
Amber hornet in Krakow,Poland.

アルバム: 公開

お気に入り (29)

29人がお気に入りに入れています

コメント (24)

  • パール

    ちくらさん、こんにちは、きょうは春の日の心地良い風ですね。
    随分と高価な、飾り物にみえます。羽の所も上手く作られていますね。ちくらさん、購入されたのですか。大きさは?

    2018年3月25日 15:02 パール (7)

  • ちくら(chikura)

    パールさん、こんにちは。早速のコメントありがとうございます。
    暖かくなってきました。春ですね。
    こんな高価なものを買う金もありませんし、所有欲もありません。
    手のひらに乗る位の大きさっだったと思いますが、記憶に自信がありません。

    2018年3月25日 15:11 ちくら(chikura) (0)

  • hanahana

    見事なハチさんですねぇ
    宝石にはご縁がなくて。。。

    2018年3月25日 15:17 hanahana (3)

  • ちくら(chikura)

    hanahanaさん、コメントありがとうございます。
    琥珀を上手く使ってよくできていると思いました。ポーランドは琥珀が有名でここクラクフの土産屋でよく見かけました。

    2018年3月25日 15:34 ちくら(chikura) (0)

  • マンドリニストQ

    ポーランドでは、よく琥珀を見かけましたが、こんなに精巧な細工は見たことがありません。
    きっと高価なものなんでしょうね !(^^)!

    2018年3月25日 15:59 マンドリニストQ (4)

  • tora

    古くからバルト海近辺では琥珀を産すると聞いた事があります。
    当然装飾品として加工されたと推測します。
    でもこの蜂の精巧さは凄いですね~♪

    2018年3月25日 16:07 tora (24)

  • ちくら(chikura)

    マンドリ二ストQさん、コメントありがとうございます。
    首飾りやブローチなどに加工した琥珀が沢山ありました。ランプの笠もありました。

    2018年3月25日 16:13 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    toraさん、コメントありがとうございます。
    相変らずお詳しいですね。バルト産琥珀が有名だそうですが、悪徳業者が居て偽物を掴まされることがあるようです。
    このように凝ったものがあればもっと写真をとったのですが、見かけませんでした。

    2018年3月25日 16:18 ちくら(chikura) (0)

  • nekomama

    素晴らしい宝石~
    でもこの蜂は空を飛べない・・・

    2018年3月25日 17:07 nekomama (38)

  • ちくら(chikura)

    nekomamaさん、コメントありがとうございます。
    「琥」の文字は、中国において虎が死後に石になったものだと信じられていたことに由来するそうです。
    この蜂は飛べないので刺される心配がありません。

    2018年3月25日 17:16 ちくら(chikura) (0)

  • ピロ君

    ポーランドでこうゆうのが名物なんですね。ロシアのイースターエッグの流れとかあるのですかね。

    2018年3月25日 18:04 ピロ君 (0)

  • ろごきっと

    存在感があります。

    2018年3月25日 20:18 ろごきっと (119)

  • ちくら(chikura)

    ピロ君さん、コメントありがとうございます。
    これは極めて特殊な作品で、一般的なものはペンダント・ネックレス・ブローチ・数珠・ブレスレット・指輪・イヤリングなど実用品が多いように思います
    ロシアの影響は寡聞にして存じません。

    2018年3月25日 21:57 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    ろごきっとさん、コメントありがとうございます。
    大金持ちの飾りか、あるいは匠の技の誇示でしょうか。

    2018年3月25日 22:02 ちくら(chikura) (0)

  • 萩の郎女

    琥珀の産地が近くにあるのでしょうか。虫入りの琥珀もあるそうですね。
    この装飾品はハチの巣や卵まであってリアルで豪華ですね。見ているだけでリッチな気持ちになりますよ。

    2018年3月26日 21:14 萩の郎女 (0)

  • ちくら(chikura)

    萩の郎女さん、コメントありがとうございます。
    ポーランドの琥珀はバルト海沿岸で採れます。虫入りの琥珀はとても高価です。
    立体的なもの・球体は削るので材料の無駄と手間賃のため高くなります。
    これなどは、展示用に製作したように思いました。

    2018年3月26日 22:40 ちくら(chikura) (0)

  • ブンブン(多忙前線停滞中)

    ステキな蜂♪
    チクッと刺される心配は無いですね^^

    2018年3月27日 19:05 ブンブン(多忙前線停滞中) (3)

  • ちくら(chikura)

    ブンブンさん、コメントありがとうございます。
    こんな蜂なら手のひらに乗せても大丈夫ですが、壊れるのが怖いです。

    2018年3月27日 21:19 ちくら(chikura) (0)

  • fam

    とても素敵ですね~

    2018年3月29日 14:16 fam (43)

  • ちくら(chikura)

    famさん、コメントありがとうございます。
    これは実用品ではなく芸術品ですね。よくできていると思います。

    2018年3月29日 14:49 ちくら(chikura) (0)

  • 冴瑚

    素晴らしい芸術作品ですね。
    琥珀はドイツ語でBernsteinといいますが、
    ポーランド語では、Bursztyn(ドイツ語発音Burschtyn)と言うそうです。
    知人のポーランド女性も母親から琥珀のブローチを譲り受けたそうで、
    大事にしています。

    2018年3月30日 03:00 冴瑚 (0)

  • ちくら(chikura)

    冴瑚さん、コメントありがとうございます。
    ポーランド語はスラヴ語、ドイツ語はゲルマン語、琥珀の語についてはよく似ていますね。
    日本では最近街でブローチを見かけなくなりましたが、昔は人気がありました。
    ご友人のブローチに数千万年前の虫が入っているとお宝ですね。

    2018年3月30日 10:30 ちくら(chikura) (0)

  • Knorinori(ケイ ノリノリ)ぼちぼち

    素敵な蜂ですね。腹の黄色と黒の縞模様もいいですね。

    元画像を見て、人工知能を積んだ蜂が飛んでいる光景を想像してしまいました。

    2018年4月22日 13:57 Knorinori(ケイ ノリノリ)ぼちぼち (2)

  • ちくら(chikura)

    Knorinori(ケイ ノリノリ)ぼちぼちさん、コメントありがとうございます。
    琥珀の色を上手く利用したスズメバチですね。
    AIに絡めた想像は今日的ですね。こんなのに刺されたら致命的です。

    2018年4月22日 23:24 ちくら(chikura) (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。